今日呼び出し
お使いのメールアドレス
DRP-知っておくべきこと

流通要件計画は、在庫、予測、コストの削減、および効率の向上のための重要なプロセスです。 この記事では、DRPとは何か、DRPが重要である理由、およびDRPについて知っておく必要のあるその他すべてについて説明します。

配布要件計画とは何ですか?

DRP、略して 配布要件の計画は、予測される需要を満たすために必要な製品、数量、およびサイトを特定することにより、製品流通の効率を向上させるための構造化されたプロセスです。 目的は、製品の注文、出荷、保管の費用を削減しながら、不足をすべて防ぐことです。 在庫が少なくなる時期を予測し、不足を最小限に抑えるために補充を整理します。 DRPはツリーのような構造を採用しており、倉庫などの集中型ユニットが地域の施設を提供し、それがツリーの残りの部分に供給します。 この構造には、無制限の数のレベルを含めることができます。

多くの懸念がサプライチェーンやプロジェクトマネージャーの心を悩ませています。彼らは自分自身に問いかけなければなりません。どの製品が必要か、各製品の何個を要求するか、完成品はどこに行く必要があるか、どれだけ手元にあるか、いくら稼がなければならないのでしょうか? DPRを通じて、彼らはそのような質問に対する答えを得ることができるかもしれません。

DRPの目的は、正しい数のアイテムが生産施設で作成され、クライアントの要求を満たすために複数の倉庫に配送されることを保証することです。

配布要件計画が重要なのはなぜですか?

生産チェーンにDRPを実装することは、全体的な有効性と使用率を改善し、コストを最小限に抑え、収益性を高めることを目指す製造施設にとって重要です。 また、潜在的なフィールド要件を正確に予測できるため、オペレーション内の在庫と費用を削減できます。 これは、ビジネスの利益を増やすため、DRPの最も有利な効果です。

流通要件計画(DRP)は、製造業のマスター生産計画(MPS)および資材所要量計画(MRP)で、現在の在庫およびフィールド需要予測に継続的にリンクされています。 これにより、システム全体でデータの継続的な通信が行われる完全に統合されたネットワークが可能になります。 これにより、はるかに効果的で適切な製造プロセスまたはフローが促進され、最終的には製造作業における不要なコストと無駄が削減されます。

DRPはまた、資材の供給と需要を結び付け、在庫を顧客サービスの需要に適合させ、営業費用を削減します。

配布要件計画のXNUMXつの要素は何ですか?

  1. 注文処理
    注文処理、別名 受注処理は、クライアントと注文の情報をコンピュータネットワークに入力して、配送センター(倉庫や小売店など)内でピッキングするための請求書を生成する行為です。 主なコンセプトは、場所やスケジュールなど、お客様の好みに合わせてご注文をお届けすることです。
  2. 在庫管理
    在庫管理は、小売業者の流通システムの不可欠な側面です。 これには、在庫、摩耗、および時間の経過とともに商品が陳腐化する可能性に費やされるお金が含まれます。 マーケティングの幹部は小売企業の在庫切れを避けるために大量の在庫を促進しますが、財務の幹部は在庫の最小化を促します。 その結果、企業は100%の顧客サービスを提供しながら、在庫レベルを可能な限り低く保つよう努める必要があります。
  3. 交通
    製品やサービスの物理的な流通には、輸送手段の使用が必要です。 輸送により、製造業者、流通業者、小売業者などのチャネル参加者は、購入時または玄関先で顧客に商品やサービスを提供できます。 輸送費は、総流通費の約25〜40%を占めています。 顧客満足度は、迅速な配達、輸送中の製品のセキュリティ、および当該製品の適切な取り扱いに基づいています。
  4. 倉庫保管
    これには、製品を購入してからクライアントに配送されるまでの製品の保管に関連するすべての操作が含まれます。 この役割には、商品の受け取り、バルクへの分解、保管、および顧客の好みに応じた配布のためのロードが含まれます。 流通センターは、小売店への製品の迅速な転送のための中央/中間サイトとして機能しますが、保管倉庫は通常、アイテムを長期間保持します。
  5. マテリアルハンドリング
    小売組織、倉庫、小売店/アウトレット内でのアイテムの輸送は、マテリアルハンドリングと呼ばれます。 チェーンストアの場合、生の供給品、最終製品、およびその他のアイテムは、中央倉庫からさまざまな小売場所に移動されます。 同様に、製品の移動は、多層または単層の保管施設でも発生します。
  6. 顧客サービス
    カスタマーサービスは、小売業者が提供しようとしている一定レベルの顧客満足度です。 小売業者は、「顧客サービス基準」を定義して実施しなければ、競合他社に対して競争上の優位性を得ることができません。 より高いサービス基準を維持している小売業者は、より多くの在庫を持っているか、より速い輸送手段にお金を使うという代償を払っています。 効果的な流通システムは、さまざまな顧客サービス要件(90時間以内に配達された注文の95%、100%、または24%)を満たすためのコストと、より高い基準に伴う顧客満足度の向上の正確な記録を保持する必要があります。

クライアントの要求は、企業がクライアントの要求を満たすことができるようにするために重要です。 配電資源計画とは、配電網に、配電設備、輸送システム、人員など、上記の需要を満たすのに十分な資源があることを確認することです。 可能な限り低いコストで製品の可用性を最適化することが重要です。

無料デモのお申し込み

倉庫を競争上の優位性に変えましょう。

これらのリソースをダウンロードして、旅に役立ててください

WISEパンフレット

WISE WMS

当社の倉庫管理ソフトウェアアプリケーションスイート(WISE)は、当社のサプライチェーンソリューションの中核です。

wmsroi計算機

WMSROI計算機

WMSを使用することでどれだけのお金を節約できるかを知るために、使いやすいROI計算機を用意しました。

WMSチェックリスト

WMSチェックリスト

近い将来、倉庫管理システム(WMS)を実装する予定ですか? もしそうなら、今すぐ準備を始めるのが賢明です。

WMSの実装方法

WMSの実装方法

WMS実装チェックリストを作成して、起動する準備ができていることを確認します。